ファッションメンズ

紳士服

紳士服という言葉を聞いた事がありますでしょうか。誰でもあるとは思いますが、いったいどういった物なのでしょうか。そしてこの紳士服というのは、スーツとは違うのか、スーツの事を指すのか、調べてみましたが、「紳士服」という言葉が入ったワード自体は出てきますが、その言葉の意味を説明しているモノはありません。紳士服とはいったいどのようなモノなのでしょう?

紳士服って?

紳士服というのはそもそも何の事なのでしょうか?

紳士というのは、上流階級の、高い地位にいる男性という意味があるようで、その服という事で紳士服というのは、ちょっと大人な上流階級の人のような服、と言ったイメージでとらえています。

清潔感があって、サイズ選びや色使いもバッチリで、オシャレな上流階級の人がするような服やファッションと言った感じなのかなと思っていましたが、紳士服を英語にするとmen's suits となるそうで、これはmen's(男性の) suits(一揃い、一着、スーツ)という意味があるようなので、やっぱりスーツの事のようです。

紳士服というからには、スーツ以外にもフォーマルな格好からカジュアルなモノまで紳士が着こなす服という意味で紳士服なのかなと勝手に思いこんでいましたが、大きな間違いのようでした。お恥ずかしい。。。。

そんな事はさておき、紳士服の事をもう少し見ていきましょう。ここでは紳士服を着る時の色についてと、紳士服を着たときに一緒に選んで見たい小物達について見ていきたいと思います。

紳士服の色

形やサイズでも紳士服は印象が変わりますが、やはり紳士服自体の色というのは、大きなポイントになります。紳士服の基本はやっぱり濃紺と濃グレーの無地が良いと思います。比較的どの場面で着ても違和感無く、着ることが出来ます。明るめのカラーの場合は涼しい印象を与えますが、紳士服のイメージのしっかりとしている、きちっとしていると言った、イメージと正反対の感じがあるので、カジュアルな雰囲気になってしまいます。あまり明るすぎたり、派手な色(ショッキングピンク・カナリヤイエロー等)は、プライベートな、カジュアルでも良いが、きちっとした格好の時などに着るのが良いでしょう。逆に真っ黒の紳士服などは、結婚式でも使えますし、お葬式の場でも兼用できるので、一着は持っておくと良いと思います。

紳士服と小物

紳士服だけを着ても格好いいのですが、ほんの少し小物を加えるだけで、紳士服をグッと引き立たせてくれます。そんな小物についても見ていきましょう。

シャツ・ネクタイ

やはり紳士服を着るときにセットになって、絶対に着用するYシャツとネクタイは、オシャレなポイントにもなります。シャツは首周りなんかは、チラリと見えるオシャレポイントでもあるので、きちっと合わせておきたい所でもあります。シャツの基本は白ですが、時と場合によって、ネクタイとシャツと紳士服の色の組み合わせで遊んで見るのも良いかと思います。

ポケットチーフ

こちらは紳士服の胸ポケットに入れるハンカチの事です。こんなのあっても無くても良いだろうと思ってしまいますが、もちろん無くてもいいものです。しかしこのポケットチーフですが、ワンポイントで紳士服の胸ポケットに入れておくだけで、かなりオシャレに見えるモノでもあるのです。

これは何処にでも売っていると思うので、好きな物を選んで良いと思います。しかしここで注意しなければならないポイントが2つ、紳士服やネクタイ・シャツとの相性や色のバランスを見てから決めると言うことと、柄の入っているポケットチーフはもっと注意してバランスや色などを見て決めると言うことです。

要は、紳士服のコーディネートを決めてから、ポケットチーフを選ぶと言うことです。そうすればポケットチーフだけ紳士服から浮いているなんて事にならないで済みますからね。この点を意識して選んでみると良いと思います。

アクセサリー

次はアクセサリーです。紳士服にアクセサリーは着けないでしょ。と思っている人もいるかと思いますが、その通りです。あくまでシンプルにクールにタイトに紳士服を着こなすのが格好いい紳士って物なのかなと思います。まあつけているのは腕時計ぐらいでしょうか。時間を知る腕時計は必要、それ以外はいらない、という潔さも男らしくて良いと思いますよ。ビジネスマン用スマホ(もちろんケース付き)もはずせませんね。

個人的にはお金に余裕があれば、パネライあたりのさらっとしたブランド時計くらいは身につけたいものですが・・。

check

Last update:2015/7/7